シスメモ

Linux(CentOS)、Windows(サーバー/クライアント)、Yamaha RTX、その他の技術メモ

Windows Client

「group policy clientサービスに接続できませんでした」メッセージが表示される

投稿日:

small_6750572241
photo credit: jasonpearce via photopin cc

■「group policy clientサービスに接続できませんでした」メッセージが表示される

Windowsへのログイン後、「group policy clientサービスに接続できませんでした」とのポップアップが表示された。
再起動しても変わらず。
リカバリ直後、Windows Update後の再起動で不具合が出た模様・・・

サービスを確認したところ、「group policy client」サービスは停止しており、グレーアウトして開始もできない状態。

以下の手順を行ったところ、正常に復旧しました。

1. レジストリエディタを起動し、以下のキーが存在することを確認する。

  HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\gpsvc
→私の場合、このキーは存在していました

2.HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\SVCHOST
  →これも存在していました。

 1)上記キーの下に「GPSvcGroup」が存在するか確認し、無ければ「REG_MULTI_SZ」として値を作成する。
  
 2)上記キーの下に「GPSvcGroup」キーを作成し、その下に2つの値を作成する。
 
  ・値の名前:AuthenticationCapabilities
   値のデータ:0x00003020(10進数で12320)
   
  ・値の名前:CoInitializeSecurityParam
   値のデータ:1

3.OSを再起動する。

ログイン後、「Group Policy Clientサービスに接続できませんでした」は表示されず、サービスも無事起動されていました 😉



-Windows Client
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Office 2010 のCMIDを確認

photo credit: Chennien via photopin cc ■Office 2010 のCMIDを確認 Officeのライセンス認証がKMSの場合、Officeが入ったOSイメージを …

Sysprep実行後にエラーが発生した場合の確認方法

photo credit: HAMACHI! via photopin cc ■Sysprep実行後にエラーが発生した場合の確認方法 Sysprep実行後の起動時に、「パス[specialize]の無 …

チェックディスクのログを確認する

photo credit: Bes Z via photopin cc Windows OSでチェックディスクを実行した後に不良セクタの有無などを確認したい場合は、起動後にイベントビューアでソースが「 …

スクリーンセーバーの起動時間を変更するためのスクリプト

photo credit: kojihachisu via photopin cc 自分以外のローカルユーザーのスクリーンセーバー起動時間を5分に変更するスクリプトを作ってみました。 ユーザーのレジス …

ドメイン参加とコンピュータアカウントの移動を同時に行う

photo credit: Michael Kappel via photopin cc   ドメイン参加後にコンピュータアカウントを手動で移動するのが面倒なため、ドメイン参加&コンピュータ …