シスメモ

Linux(CentOS)、Windows(サーバー/クライアント)、Yamaha RTX、その他の技術メモ

Windows Server

「ディレクトリサーバーの変更」で状態が「利用不可」になる

投稿日:

photo credit: JohnSeb via photopin cc

【環境】
Windows Server 2012 R2

FSMOの移行時、ActiveDirectoryスキーマスナップインから「ActiveDirectoryドメインコントローラーの変更」を実行したところ、3台中2台のドメインコントローラーの状態が「利用不可」となっていた。

→ネットワークの設定でIPv6のチェックを入れてから再度実行したところ、無事「オンライン」になりました。



-Windows Server
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドメイン参加とコンピュータアカウントの移動を同時に行う

photo credit: Michael Kappel via photopin cc   ドメイン参加後にコンピュータアカウントを手動で移動するのが面倒なため、ドメイン参加&コンピュータ …

WORKGROUP環境でHyper-Vマネージャを利用する

photo credit: 5thLuna via photopin cc ワークグループ環境の場合、クライアントPCからHyper-VマネージャーでHyper-V Serverを管理するには、ドメイ …

2008 R2のDHCPサービスでPXEを追加

photo credit: AndiH via photopin cc   NETSH NETHSH>DHCP server \\nameofserver add optiondef …

リモートデスクトップでログイン時にエラー発生

photo credit: ChrisDag via photopin cc 環境:Windows Server 2003 R2 以前は普通にリモートデスクトップが利用出来ていたのですが、突然リモート …

no image

2008 R2のDHCPサービスでPXEを追加

2008 R2のDHCPサービスでPXEを追加 1. NETSHコマンドを実行 2. NETSH>DHCP server \\nameofserver add optiondef 60 PXEC …