シスメモ

Linux(CentOS)、Windows(サーバー/クライアント)、Yamaha RTX、その他の技術メモ

Windows Client

バッチファイルを「管理者として実行」した場合のカレントディレクトリ

投稿日:

photo credit: kjetikor via photopin cc

photo credit: kjetikor via photopin cc

Windows Vista以降、バッチファイルを「管理者として実行」した場合にカレントディレクトリは「c:¥windows¥system32」となる。

これを回避するには、バッチファイルの先頭のあたりに「cd /d %~dp0」と記述しておけば、
バッチファイルのあるディレクトリがカレントディレクトリとなります。



-Windows Client
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Sysprep実行後にエラーが発生した場合の確認方法

photo credit: HAMACHI! via photopin cc ■Sysprep実行後にエラーが発生した場合の確認方法 Sysprep実行後の起動時に、「パス[specialize]の無 …

no image

Windows7でスタートメニューの並び順を変更する

■Windows7でスタートメニューの並び順を変更する 既定では、スタートメニューの内容は自動的に名前順に並び替えられるが、以下の手順で任意の並び順に変更可能。 手順: [タスクバーとスタートメニュー …

起動時に「STOP in PsMain」エラーが出る

PCの起動時に以下のエラーが表示され、起動できない現象が発生しました。 *** STOP in PsMain *** Error code:0x5001579 原因はCheckpoint Fulldi …

Office 2010 のCMIDを確認

photo credit: Chennien via photopin cc ■Office 2010 のCMIDを確認 Officeのライセンス認証がKMSの場合、Officeが入ったOSイメージを …

スクリーンセーバーの起動時間を変更するためのスクリプト

photo credit: kojihachisu via photopin cc 自分以外のローカルユーザーのスクリーンセーバー起動時間を5分に変更するスクリプトを作ってみました。 ユーザーのレジス …