シスメモ

Linux(CentOS)、Windows(サーバー/クライアント)、Yamaha RTX、その他の技術メモ

Windows Client

Office 2010 のCMIDを確認

投稿日:

photo credit: Chennien via photopin cc

photo credit: Chennien via photopin cc

■Office 2010 のCMIDを確認

Officeのライセンス認証がKMSの場合、Officeが入ったOSイメージを

展開した後に、CMIDをリセットする必要がある。

CMIDは以下のコマンドで確認できる。

c:\Program Files\Microsoft Office\Office14に移動し、以下のコマンドを実行する

cscript ospp.vbs /dcmid

KMSの認証履歴を確認するには、
cscript ospp.vbs /dhistorykms

 

参考:Office2013のボリュームライセンス認証を展開する

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ee624357.aspx



-Windows Client
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows7/8のWindowsファイアウォールをコマンドで制御する

photo credit: Mourner via photopin cc ■Windows7 / Windows8のWindowsファイアウォールをコマンドで制御する Windows Vista以降 …

起動時に「STOP in PsMain」エラーが出る

PCの起動時に以下のエラーが表示され、起動できない現象が発生しました。 *** STOP in PsMain *** Error code:0x5001579 原因はCheckpoint Fulldi …

Windows7クライアントでシャドウコピーの履歴が表示されない

photo credit: JohnSeb via photopin cc Windows7クライアントで、シャドウコピーの履歴が突然表示されなくなる現象が起きた。 【環境】 ファイルサーバー:Win …

ドメイン参加とコンピュータアカウントの移動を同時に行う

photo credit: Michael Kappel via photopin cc   ドメイン参加後にコンピュータアカウントを手動で移動するのが面倒なため、ドメイン参加&コンピュータ …

バッチファイルを「管理者として実行」した場合のカレントディレクトリ

photo credit: kjetikor via photopin cc Windows Vista以降、バッチファイルを「管理者として実行」した場合にカレントディレクトリは「c:¥windows …