シスメモ

Linux(CentOS)、Windows(サーバー/クライアント)、Yamaha RTX、その他の技術メモ

Windows Server

グループポリシーでのIE信頼済みサイトへの追加

投稿日:

photo credit: trackrecord via photopin cc

photo credit: trackrecord via photopin cc

■グループポリシーでのIE信頼済みサイトへの追加
信頼済みサイトへの追加は、2通りある。

方法1.
ユーザーの構成  管理用テンプレート -Windows コンポーネント  Internet Explorer  インターネット コントロールパネル  セキュリティ ページ – サイトとゾーンの割り当て一覧

この方法の場合、予め手動で登録していたサイトは消える(上書きされる)。
また、ユーザーが手動で信頼済みサイトを追加することはできない。

方法2.
ユーザーの構成  Windows の設定  Internet Explorer のメンテナンス  セキュリティ – セキュリティ ゾーンおよびコンテンツの規制 – 現行のセキュリティ ゾーンとプライバシーの設定をインポートする

予め手動で登録していた信頼済みサイトは消えず、GPOによって追加される形となる。
但し、信頼済みサイト以外のゾーンの設定が全てインポートされる。



-Windows Server

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ディレクトリサーバーの変更」で状態が「利用不可」になる

photo credit: JohnSeb via photopin cc 【環境】 Windows Server 2012 R2 FSMOの移行時、ActiveDirectoryスキーマスナップイン …

グループポリシーでIE信頼済みサイトへの追加

photo credit: sbisson via photopin cc ■グループポリシーでIE信頼済みサイトへの追加 信頼済みサイトへの追加は、2通りある。 方法1. [ユーザーの構成] - …

Windows Server 2012評価版から製品版への移行

photo credit: marsmet543 via photopin cc 1.コマンドプロンプト(管理者)を起動し、以下のコマンドを実行する。 コマンド:DISM /online /Get-C …

リモートデスクトップでログイン時にエラー発生

photo credit: ChrisDag via photopin cc 環境:Windows Server 2003 R2 以前は普通にリモートデスクトップが利用出来ていたのですが、突然リモート …

ドメイン参加とコンピュータアカウントの移動を同時に行う

photo credit: Michael Kappel via photopin cc   ドメイン参加後にコンピュータアカウントを手動で移動するのが面倒なため、ドメイン参加&コンピュータ …