シスメモ

Linux(CentOS)、Windows(サーバー/クライアント)、Yamaha RTX、その他の技術メモ

Windows Client

起動時に「STOP in PsMain」エラーが出る

投稿日:

IMG_0961

PCの起動時に以下のエラーが表示され、起動できない現象が発生しました。

*** STOP in PsMain ***
Error code:0x5001579

原因はCheckpoint Fulldisk EncryptionのDB破損?だったようで、別のPCでリカバリファイルを使ってUSBメモリ起動のリカバリディスクを作成し、暗号化を解除することによって無事起動できるようになりました 😉

事前にリカバリファイルを保存しておかないと、リカバリできない(=OS再インストール)ことになりますので、リカバリファイルは必ず保管しておきましょう。



-Windows Client
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Win7/8での無線LANプロファイルのエクスポート

photo credit: The Next Web via photopin cc ■Win7/Win8での無線LANプロファイルのエクスポート ・無線LANプロファイルの表示 netsh wlan …

Windows8 BitLockerのPINコードの記号入力について

photo credit: isriya via photopin cc ■Windows8 BitLockerのPINコードの記号入力について OS起動時のPINコード入力画面では、英語キーボードの …

「group policy clientサービスに接続できませんでした」メッセージが表示される

photo credit: jasonpearce via photopin cc ■「group policy clientサービスに接続できませんでした」メッセージが表示される Windowsへの …

Sysprep実行後にエラーが発生した場合の確認方法

photo credit: HAMACHI! via photopin cc ■Sysprep実行後にエラーが発生した場合の確認方法 Sysprep実行後の起動時に、「パス[specialize]の無 …

スクリーンセーバーの起動時間を変更するためのスクリプト

photo credit: kojihachisu via photopin cc 自分以外のローカルユーザーのスクリーンセーバー起動時間を5分に変更するスクリプトを作ってみました。 ユーザーのレジス …