シスメモ

Linux(CentOS)、Windows(サーバー/クライアント)、Yamaha RTX、その他の技術メモ

Windows Server

2008 R2のDHCPサービスでPXEを追加

投稿日:

2008 R2のDHCPサービスでPXEを追加

1. NETSHコマンドを実行

2. NETSH>DHCP server \\nameofserver

add optiondef 60 PXEClient String 0 comment=”Option added for PXE Support”

set optionvalue 60 STRING PXEClient

show optionvalue all

exit

3. DHCPサービスを再起動



-Windows Server

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リモートからリモートデスクトップを許可する

photo credit: EL JOKER THE PYRA via photopin (license)  ■リモートからリモートデスクトップを許可する 【環境】 サーバー:Window …

「ディレクトリサーバーの変更」で状態が「利用不可」になる

photo credit: JohnSeb via photopin cc 【環境】 Windows Server 2012 R2 FSMOの移行時、ActiveDirectoryスキーマスナップイン …

Windows Server 2012評価版から製品版への移行

photo credit: marsmet543 via photopin cc 1.コマンドプロンプト(管理者)を起動し、以下のコマンドを実行する。 コマンド:DISM /online /Get-C …

Symantec System RecoveryでE7D10016エラー

photo credit: mmckeay via photopin cc ■Symantec System RecoveryでE7D10016エラー エラーE7D10016: 「\.sv2i」に属性 …

WORKGROUP環境でHyper-Vマネージャを利用する

photo credit: 5thLuna via photopin cc ワークグループ環境の場合、クライアントPCからHyper-VマネージャーでHyper-V Serverを管理するには、ドメイ …