シスメモ

Linux(CentOS)、Windows(サーバー/クライアント)、Yamaha RTX、その他の技術メモ

Linux-Other

openvpn.logに「ECONNREFUSED]:Connection refusedと記録される

投稿日:

photo credit: solracarevir via photopin cc

photo credit: solracarevir via photopin cc

■openvpn.logに「ECONNREFUSED]:Connection refusedと記録される

既定では、openvpnクライアントが切断する際にサーバーに通知を行わない。
サーバーからクライアントに接続できずにこのメッセージが記録される。

回避するには、クライアントの.ovpnファイルに「explicit-exit-notify 2」を記述する。



-Linux-Other
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Dovecotで「pop3-login: Aborted login (tried to use disabled plaintext auth)」

Dovecotで「pop3-login: Aborted login (tried to use disabled plaintext auth)」とエラーが出てPOP3ログインが出来ない場合 とりあ …

no image

OpenSSLでクライアント証明書の発行時に「TXT_DB error number 2」とエラーが出る場合

■OpenSSLでクライアント証明書の発行時に「TXT_DB error number 2」とエラーが出る場合 keysディレクトリ内のindex.txtを削除してからtouchコマンドで再作成する。 …

OpenVPNで「Options error」

photo credit: solracarevir via photopin cc ■OpenVPNで「Options error」   事象: OpenVPNでの接続時に画面に何も表示さ …

CentOS6のcrontab

photo credit: hetaru via photopin cc ■CentOS6のcrontabについて centos6でcentos5以前のようにジョブを定時に実行するには、「cronie …

no image

PostgreSQLのバックアップの際、パスワードを自動入力

■PostgreSQLのバックアップの際、パスワードを自動入力する ユーザーのホームディレクトリに.pgpassを作成し、以下のように記述する localhost:5432:<データベース名&g …